Arch Linux信者がMacOSで開発環境を構築する

HowTo

こんにちは、山田ハヤオです。移動用にMacBookProを買ってからメインのArchLinuxを使う機会がめっきり減ってしまいました。

色々mac OSとLinuxでは環境に差異があって最初は結構戸惑っていたのですが、自分の備忘録的な意味も含めて色々やったことを書いていこうと思います。

スポンサーリンク

Homebrewの導入

Wiiの改造みたいな文章ですね()

パッケージマネージャのHomebrewを導入します。

Homebrew
The Missing Package Manager for macOS (or Linux).

公式サイトの真ん中のちょっと下にあるコマンドをコピペしてインストールします。

Homebrewの仕組みはまだよく理解できてないです(Formulaとかtapとか…?)

お馴染みのソフトを導入する

Linuxを使い慣れているハヤオは、メインで使うソフトは大体マルチプラットフォームなものです。

その関係でほとんどのものをmac OSでもそのまま使用することができました。

  • Google Chrome
  • Visual Studio Code
  • Discord
  • VLC
  • FileZilla

ここらへんのものはお馴染みなので、公式サイトからdmgで落とすなりhomebrewを使うなりしてぱぱっとインストールします。

ターミナルの設定

mac OSのデフォルトのターミナルはマジでひどいです。クソダサい。

Bashも3系で更新が止まっているし、coreutilsも入っていないので何もできません。

標準がZshなのはまだいいですが、設定ファイルは相変わらずカスです。

Appleはこういうちょっと奥の方になるとすぐ手抜きをするような気がします。

Iceberg - dark blue color scheme for Vim / Neovim

ネットでIceBergというカラースキームを見つけてきたので、こいつを適用します。

alterlinux/.zshrc at dev · FascodeNet/alterlinux
Alter Linux - ArchLinux-derived OS made in Japan aimed at being usable by anyone - alterlinux/.zshrc at dev · FascodeNet/alterlinux

ZshrcはAlter Linuxのものを参考に、プラグインのパスなどを書き換えればokです。

なんやかんやして完成したものがこちら。デフォルトよりはカッコ良くなったかな。

Wineの導入

Linuxと同じようにMacにもWineがあります。しかし、純粋なWineはなぜか非常に使いにくいです。

そこで、WineのフォークであるCrossOverを使用します。

brew install wine-crossover

これで導入完了です。ついでにPlayOnMacも導入すると幸せになれます。

フォントがおかしい場合のパッチはハヤオの個人ブログで公開しています。

Wineでフォントの文字化けを直すメモ - ハヤオの物置き

ドックの整理

mac OSのドックはAppleのアプリがたくさん貼ってあります。

正直使わないので全て削除してLinuxと同じソフトウェアを入れました。

こんな感じで全部削除してから好きなものを放り込んだ方がいいです。

ついでに設定でドックを隠すようにしておきます。

色々なコマンドラインツールを導入する

GNU系ツールを導入します。Windowsより手軽。

brew install coreutils
brew install diffutils
brew install grep
brew install gzip
brew install nano
brew install bash

Limaを導入する

LimaはM1 mac上でも利用できるx86_64のLinuxエミュレータです。

内部的にはQemuを起動してSSHしているようです。

インストール

brew install lima docker

設定ファイルを配置

まずは作業ディレクトリを作成します。

mkdir ~/.limaconfig
cd ~/.limaconfig

公式の例を参考に設定ファイルを作成します。YAMLで書きます。

アーキテクチャも色々設定できるので複数作っておくと便利です。

作成したら

limactl start ~/.limacinfig/archlinux.yaml

で起動します。

あとはx86_64のArch Linuxなのでいい感じに環境構築します。

pacaptを導入する

pacaptという名前ですがbrewにも対応しています。

brew install pacapt

インストールしたら、シェルの設定でエイリアスを作成します。

alias yay='pacapt'
alias pacman='pacapt'

これでArch Linuxと同じようにbrewを使えます。

終わり

とりあえずこんなもんでいいですかね。

他にもなんかあったら第二弾を描こうと思います。

正直構築したのがちょっと前なので忘れたり抜けてる部分が多いかもしれん。

コメント

タイトルとURLをコピーしました