Alter Linuxのアップデートに関する不具合情報まとめ

Alter Linux

旧タイトル:Alter Linuxのパッケージの更新について

こんにちは、山田ハヤオです。

Alter Linuxのパッケージの更新について、一部から不具合の報告があがっているので対処方法です。

「よくわからないけど更新ができない」という方は両方のコマンドを実行すると改善すると思います。

【2022/02/10追記】

それぞれのエラー内容から適切な対処方法を行ってください。わからない場合は問合わせをお願いいたします。

コマンド実行後は再起動することをおすすめいたします。

スポンサーリンク

【2022/02/08追記】 データベースの署名エラー

2022年2月8日現在で発生しているバグに関しては以下を御覧ください。

Alter Linuxのリポジトリから最新のデータベースを取得できない

サーバのミラーリストが変更になりました。以下のコマンドを実行して修正できます。

sudo mv /etc/pacman.d/mirrorlist-alter /etc/pacman.d/mirrorlist-alter.old
sudo curl -sLo /etc/pacman.d/mirrorlist-alter https://0e0.pw/bS8y

【2021/07/24追記】データベース取得後にエラーが出る

これはArch Linuxの上流の問題です。以下のコマンドで修正できます。

yes | sudo pacman -Scc
sudo rm -rf /var/lib/pacman/sync
sudo mv /etc/pacman.d/mirrorlist /etc/pacman.d/mirrorlist-old
sudo curl -sL https://0u0.biz/YNhG | sudo sh -c "sed -e s/#S/S/ > /etc/pacman.d/mirrorlist" 
sudo pacman -Syy

2021/07/24 23:49 4行目でコメントアウトができない問題を修正しました。

GUIでアップデートが実行できない問題

Pamacの代わりに追加したGUIのパッケージ管理ソフトの問題です。

リリース当初はPamacのPacman 5対応の検証が十分に行えなかったため代替ソフトを入れました。

以前のPamacは以下のコマンドでインストールできます。

yay -S --noconfirm pamac-all

最後に

わからないことがあったらブログのコメント、Discord、LINEなどでサポートいたします。

これからもAlter Linuxをよろしくおねがいします。

コメント

  1. ばったん より:

    はじめまして

    Alter Linuxを試してみようと思い、仮想マシンにインストールしようと
    していますが、エラーが発生して先に進まない状況です。
    Ubuntu, xubuntu, centos等構築経験あります

    ・使ったISO
    alterlinux-cinnamon-ja-2021.07.18-51dcbab60-x86_64.iso

    ・インストール先
     ・OS:Windows10pro
     ・ハイパーバイザ:Hyper-V

    ・エラー内容
    ISOイメージからブートすると、次のエラーが発生します。
    [FAILED] Failed tp start Light Display Manager.
    [FAILED] Failed to start pacman mirrorlist update.

    解決方法をご存知でしたらご教示頂けたら嬉しいです。
    よろしくお願いいたします。

  2. ryu より:

    今日初めてalter linuxをインストールしてみたのですが、linux自体があまり良くわかってないのですがターミナルが見つかりません。端末というアイコンがターミナルですか?端末で入力してもエラーしか出ないので困ってます。ソフトが表示されないのでダウンロードとかupdeteもエラーがでます。

  3. (ま) より:

    はじめまして。「よくわからないけど更新ができない」状態です。
    目次の1,2,3を実行しましたが、ソフトウェアの追加と削除でアップデートを実行しようとすると
    『トランザクションの準備に失敗しました 無効または破損したデータベース』
    と出ます。
    目次1の、2行目の sudo pacman -Scc を実行すると
    エラー:データベースディレクトリにアクセスできませんでした
    と出ます。
    2/8 3:14PMの山田ハヤオさんのツイートを参考に yay -Scc を実行すると
    エラー:alter-stable: “Fascode Network (Fascode Network Official Key) ” の署名は無効です
    と出ます。
    Fascodeの使い方はわからないので、こちらにコメントさせていただきました。
    このコメントがなにかのお役に立てれば幸いです。
    しばらく情報を待ってから、再インストールでもしてみようかと考えています。

    • (ま) より:

      2度めまして。コメント送信後、再起動し、アップデートを試したら無事完了できました。コマンドを実行したあとで再起動すればよかったのですね。恥ずかしながら報告させていただきました。お騒がせしました。

  4. 芝田あやめ より:

    はじめまして
    linuxの若葉マークです
    alterlinuxを使い初めて半年ぐらいです
    pamacでのupdateで何度も致命的にトラブってしまい今回も再再再installしました
    で、今度はpamacは入れずyayで通すことにしました
    早速、yay -Syuで

    curl: (22) The requested URL returned error: 404
    ==> エラー: http://ftp.de.debian.org/debian/pool/main/c/console-setup/console-setup_1.208.tar.xz のダウンロードに失敗
    中止…
    -> ビルド時にエラー: ckbcomp

    となります
    ほおっておいていいものでしょうか 上流ではconsole-setup_1.209.tar.xzになってますが

    manjaro.EndeavourOS.Garudaは安定してます
    これらとalterlinuxはどう違ううんですか

    outlookがしたかったのでmicrosoft-edge-stableを入れましたがmsnにサインインが出来ないので
    削除を試みましたができませんでした
    guguたらできなさそうとはいてありましたが、なにか方法はありますか?

    mintlinuxではmsnにサインインできますがmanjaro.EndeavourOS.Garuda.alterlinuxではできません
    user-agentを使っても不安定です
    何がもんだいですか?

    最後にbliethooth-mouseがどうしてもしたくで色々と試行錯誤しました
    mintlinuxではOKでしたEndeavourOSはiosをusbに入れた状態ではOKでした
    なのでEndeavourOS-ios-usbでmouseのアドレスをgetして
    https://discovery.endeavouros.com/bluetooth/bluetooth/2021/03/
    に書いてある通りにterminal操作とsudo pacman -S blueberry後blueberry起動の同時作業で
    やると見事に開通しました
    再起動後、bluemanを削除してもOKでした
    manjaro.EndeavourOS.Garuda.alterlinuxで作動します
    これは目に鱗でした
    初心者にはこの方法がやさしいとおもいます

    学生さんで少人数で運営されていると思いますので大変なのはわかります
    alterlinuxはerrorさえ出なければいいOSだと思います
    頑張ってください

    • ckbcompはインストール時に利用するものなのでyay -Rcnc ckbcompで削除してしまって問題ありません。
      MSNへのログインは同様の環境が用意できないのでわかりかねます。
      bluemanはBluetooth関連の動作に必須なので削除しないようにお願いします。

      • 芝田あやめ より:

        ありがとうございます
        yay -Rcnc ckbcomp
        で解決しました
        bluemanは削除ではなく自動開始解除でした(manjaro.Garuda)
        alterlinuxでは自動開始解除しなくても開始作動時間に影響ないでした

タイトルとURLをコピーしました