【追記あり】Alter LinuxがUEFIで起動できないバグについて

ブログ

先日リリースしたAlter Linux 20210715にUEFI環境で起動できないバグがあることがわかりました。

ソースコード上の数文字の記述ミスが原因です。本当にすみません。

スポンサーリンク

【2021/07/18追記】

バグを修正した20210718をリリースしました。今後はそちらをご利用ください。

影響を受ける環境

すべてのUEFI環境で起動するライブ環境に影響があります。

既に過去のバージョンをインストールしている人やBIOSから起動している場合には影響はありません。

原因

UEFIでのライブ環境の起動時に「レスキュー用の起動オプション」しかなく、通常起動の項目が消えています。

以下がバグがあるスクリーンショットです。

対処方法

単純なブートローダーの項目不足なのでちょっとした修正で起動することができます。

(後日修正版をリリースする予定ですが準備に時間がかかるのでその間の暫定です。)

1.上から2番目を選択する

必ず「with safe graphics」という文字が入っているものを選択してください。

2.「e」キーを押す

「e」キーを押すとこんな感じのものが表示されます。

3.右矢印キーで一番最後までスクロールする

「右矢印キー」もしくは「END」キーで一番最後までスクロールしてください。

4.「nomodeset」を削除する

「バックスペースキー」で「nomodeset」という文字列を削除します。

この文字を消すことでレスキューモードから通常モードで起動できるようになります。

3.「Enter」キーで起動する

「Enter」キーを押してください。これで正常に起動できるようになります。

起動後は通常のAlter Linuxとなんら変わりません。

正常な動作では既に「nomodeset」が削除された項目が追加されているはずだったのですが、コマンドのミスでそれがなくなっています。

最後に

今回のバグの修正版は後日リリースする予定です。

この操作はUEFIでライブ環境を起動する場合に毎回しなければならない操作です。

USBなどに焼いて繰り返し使う場合は旧バージョンの使用をおすすめいたします。

Download File List - AlterLinux - OSDN
Download File List - AlterLinux #osdn

追記

GitHub [fix] : Fixed missing some items in EFI bootのコミットで修正しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました