くずきりとカップラーメンで【 くずきり入 鍋風チリトマトヌードル 】作ってみた!

なおこのこだわり
スポンサーリンク

挨拶とか今回のブログが出来た経緯

皆さんこんにちは以前のカップラーメンレビューブログはご覧いただけましたでしょうかあれ麺の再現度がまじで高いと思った話でしたね。
前回のブログ↓

https://blog.fascode.net/2021/05/04/kitakata/

そんな話はさておき今回は鍋が食いたいと思ったんですよ。

夏になる前に鍋をやりたいが鍋を制作する時間がない、そんな中いつもの買い物に行きました。

毎度おなじみカップラーメンコーナーを見てると隣のコーナーでくずきりの安売りセールをやっているコーナーがあったのです。

ほえ、これ鍋に入ってるやつじゃね。


ついでにチリトマト味のカップラーメンもある
あれ、これ、ブログにしたら面白そうじゃねってところから始まります。

くずきりとカップラーメンで鍋風カップラーメン作ってみた!

貧乏くさい気もしますがコストも低いし面白そうな企画だなってことで今回のブログができました。

くずきり入鍋風 チリトマトヌードルを作っていく

まずはベースとなるカップラーメンの方、日清食品グループさんのカップヌードル チリトマトヌードルを使用していきたいと思う。

通常カップラーメンを作る際はフタを開けてそこに

お湯を入れていくのだがここにくずきりを入れてしまいます!

くずきりを入れたら使いすぎて水漏れが激しくなっているがまだまだ使えて電気でお湯が沸かせるティファールのポットでお湯を沸かしてカップラーメンの中に入れます。

お湯を入れたらカップラーメン梱包していたビニールの底面にあるフタ止めシールでフタを止めておきます。

3分後

開けた瞬間に湯気がボアっと上がりチリトマトヌードルのすごい美味しそうな匂いがプンプン漂ってきます。!

くずきり入鍋風 チリトマトヌードルを食べて、レビューしていく!

くずきり入鍋風 チリトマトヌードル ★★★★☆

完成してフタを開けた瞬間からカップラーメンチリトマトヌードルの香りがプンプンし食欲をそそり、よく見るとくずきりが目の前にどーんとくる容器がカップラーメンじゃなかったらエッこれはカップラーメンなのか?疑いそうになるほどくずきりマシマシ鍋って感じ

しかし奥からかき混ぜるとあっという間にくずきり入チリトマトヌードルへ変貌を遂げる。

パクっとかぶりつきズルズルっとすするとチリトマトヌードルと鍋のくずきりを食べているかのような感覚になる?

だがチリトマトヌードル用に作られているわけではないのでくずきりに味が染み込んでいるわけではない、煮込み進めていないできたての鍋を食べているような感じ。これはこれでうまい

食べる速度は撮影の方に集中してしまったため正しい時間はわからないがおそらく3分で完食というぐらいだろう。

今回は短い時間での撮影だったため出来なかったが時間あるときには白菜などを茹でて最後にのせたら更に鍋に近づくのではないかと予想している。

いそがしいなかでも鍋風のものが食べられたという感動も含めて★4とさせていただく。

まじでカップラーメンを作っている日清食品グループさんすげーわ

今回くずきりを入れるというアレンジをしましたが他にもいろいろなアレンジができそう無限大の可能性がある!

日清食品グループさんのサイト

https://www.nissin.com/

カップヌードル チリトマトヌードル
ピリッとしたチリの辛さに、トマトの甘みと酸味がマッチしたスープ。具材はトマトキューブ、コーン、キャベツ、いんげんに加え、鶏肉由来の「白い謎肉」を使用。

アフィリエイトリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました