Serene Update Assistantについて

Fascode

どうも、SereneLinux開発担当者のkokkiemouseです。

今回はSereneLinuxに搭載されたSerene Update Assistantについて解説します。

スポンサーリンク

導入方法

実はBeta8Fを出した時には未完成でした…

といってもパッケージ自体は存在するので更新すれば使用可能です。

sudo dnf update

終わったらリログしましょう。

使い方

更新があるとこんな感じに出ます

そしたら右上のSereneLinuxのロゴをダブルクリックしましょう。

ダイアログが出てきました。

そしたら更新ボタンを押しましょう。

パスワードを要求されるので入力しましょう。

なにやら新しいwindowが出てきましたね。

インストールを押します。

更新に成功したみたいですね。

こうなったら全部閉じて大丈夫です。

念のため再起動しましょう。

するとバグが直ってます。

これは何のツール??

パッケージ更新では対処できないバグ修正などに対処するためのものです。

ベースバージョンが変わった時もこのツールが活躍します。

5月中にはベース変更する予定です(Fedora 33 -> Fedora 34)

このツールは何でできてるの??

Qtです。

どういう仕組み???

起動時にタスクトレイに常駐し、

アップデートサーバーに接続して現在のバージョンより新しければ更新通知を出し、

更新が要求されればダウンロードして実行します。

ダウンロードされて実行されるファイルはどんな構造??

正体はzipファイルにelfをくっつけたものです。

unzipで自身を解凍して実行してます。

これもQtでできています。

あとがき

このツール予定より早く完成したんですよね…

受験後に作りました…

これでバグ修正とか楽になる。

や っ た ぜ 。

あとデザイン面修正されるかもしれないんで…

コメント

タイトルとURLをコピーしました