第一回!! 勝手に開催 Fascoderイラスト選手権!!!

ブログ

下準備編

スポンサーリンク

ご挨拶

どうも皆様、また会いましたね(・∀・)ニヤリ
先日初めてのブログとして、こちらを書かせていただいたRwと申します。
まだまだ2回目なので結構ぎこちないと思いますが、前回同様お手柔らかによろしくお願い致しますm(__)m
それでは、スタートです!

企画内容

今回の企画は私となおこさんの会話から気づいたら生まれていた企画です。
もともとはワンドロ(一時間の制限時間で絵を描くこと)でする予定だったのですが、
なんやかんやあって結局制限時間なしとなり、普通にイラスト選手権になりました。

企画詳細

現段階で決定している参加者は

  • Rw
  • なおこ

のみですw (※21/01/25現在)
あくまでも私個人の予想に過ぎないのですが、このあとも人が増えてズルズルと第一回を引きずって行くんじゃないかと思っております。

今月は私の回になり、なおこさんの回はおそらく来月になります。

さぁ

まずはアタリから
※アタリは下描きを書く際に基準として使うもの

私は人物絵を描く際はアタリから結構ゴリゴリ書き込みます。

アタリ1

アタリ1

はいアタリの一個目です。
この画像を見て皆様お気づきかと思われますが、参考にする元の写真を表示させています。
これは断じてトレスではありませんよ
あくまで参考としてなので下描きに影響しないので問題はない…..はずです。
これは元画像を一つのレイヤーとして取り込んで不透明度を下げ、レイヤーを分けて大まかな骨格を描いています。こうすることで絵でもしっかりと骨格を表現することができるようになると私は考えています。
あくまでも下描きではなくアタリなので雑に勢いで描いています。

アタリ2

アタリ2

アタリ2個目です。
これは顔の比率などど可視化するためのアタリです。

説明
顔を立方体で表してよりわかりやすいようにしています。
基本的に成人男性の顔は二等分に分けることができ、また眉毛、鼻の下に線を引くと三等分に分けられるようになっています。これで目、鼻の位置のアタリになります
そしてその3頭分の線を伸ばしきったところの真ん中の空間内に大体耳が収まりまるようになっています。これで耳のアタリもとれました。
あとは描きやすいように好みでほうれい線、唇等のアタリをとってアタリ2は大体完成になります。

アタリ3

アタリ3

長くなってしまってすみませんm(_ _;)m
これが最後のアタリになります。
これはアタリ2を参考にしながら、自分が絵を書くときに特に意識するところを色を変えてアタリをとったものです。

私は
顔の中で最も立体的に映るパーツである鼻、
顔のバランスをとるために最も重要と言っていいおでこの間隔を表す円、
骨で最も顔の表面に出てくる2箇所の頬骨、
眼球の位置やサイズを表す円、
をとっています。特に鼻は顔の中でも特に重要なパーツのため、面でとらえ立体的に描いています。
このアタリはなくてもかけると思いますがより簡単に描くために用意しています。

下描きについて

下描きについてですが、下準備だけでだいぶ長くなってしまったので
記事を分けて次回の私のブログで書こうと思います。
なのでここで今回は一旦終わりにさせていただきます。

メイキング動画
遅くても来月の初めぐらいにはツイッターなどや気が向いたらメイキング動画などで上げるかもしれません。(日本語おかしくてすみません)

終わりに

長くなってしまって申し訳ありません。
いやーやっぱりブログは大変ですねぇ…
語彙力が皆無なので短いブログでも書くのに四苦八苦します…(ー_ー;)

今回紹介したのは私の描き方なので、私が描きやすい方法になっています。
人それぞれ描きやすい方法がありますし、これは真似をするよりかは参考程度にしていただければいいのかなと思っております。
絵を最近描きはじめたよって方はどんどん描いていくことで、自分の描き方って言うのができてくると思います。ぜひうまくなっていく感覚をしっかり味わってくださいね!

まあこの企画を通してFascoderは色々できるんだぞ!!みたいなのを見せられたらいいなーなんて思っている次第であります。

それでは皆様次回の私の下描き・塗り編でお会いしましょう!(^^)/~~~

コメント

タイトルとURLをコピーしました