Arch Linuxでドライバ更新後に起動しなくなった話

Arch Linux

こんにちは、山田ハヤオです。Arch Linux大好き人間です。

毎日yay -Syuを実行してパッケージを更新しているのですが、当然トラブルも発生します。

今回はNVIDIAのドライバに関する話題です。

前置きはいいからさっさと解決方法だけ見せろという人はこちら

スポンサーリンク

何が起きたのか

先日、NVIDIAのグラフィックドライバを455.23.04-1から455.45.01-1に更新したところGUIが起動しなくなりました。

流石にまずいのですぐにパッケージキャッシュからダウングレードして事なきをえました。

パッケージをダウングレードする方法

パッケージのバックアップは普通なら/var/cache/pacman/pkg/に保存されています。

yay -Sccとかキャッシュディレクトリを変更してたりすると無いかもしれません。

このディレクトリから古いバージョンのパッケージを探し出せばおkです。

が、大量にあるのでfindを使って見つけ出しましょう。

find /var/cache/pacman/pkg/ -name '<パッケージ名>*<バージョン>' | xargs -Ip yay -U p

<パッケージ名>と<バージョン>をそれぞれに置き換えれば該当のパッケージを見つけられるはずです。

見つからなかったらキャッシュが残ってないということになります。

自力でPKGBUILDの履歴を漁ってダウングレードしましょう。

SOREKARA DO SITANO

シリュウ?秋のすがた@生誕祭ショートストーリー på Twitter: "Sorekara doshitano (それからどしたの)  #asobiasobase #あそびあそばせ… "
「あそびあそばせ」より

流石にドライバが古いままというのはまずいので、対処方法を考えました。

plymouthを無効化したり、v86dを有効化したり…まぁ結果は変わらなかったです。

それでArchのフォーラムで質問しました。もしかしたら上流の問題かと思って。

そしたらあっさり解決方法がわかりました。

解決方法

やっと本題です。すっごい簡単でした。

カーネルパラメータにnvidia-drm.modeset=1を追加するだけです。

そうするとKMSの速い段階でNVIDIAのドライバがロードされるようです。

おそらくLightDMがドライバがロードされる前に起動してしまったのがエラーの原因かなと考えています。

Arch WikiのNVIDIAのページは日本語版はかなり情報が少ないので英語版を見ようと思いました()

おまけ

Archの公式サイトからパッケージを検索してソースコードのリンクをクリックするとGitHubに飛ぶのでそこから過去バージョンのPKGBUIDを取得できます。

ビルド段階でエラーが出ることがあるのでsigファイルはsourceから除外しておくといいです。

この作業が自分でできるかできないかで大きく変わってきます。

(正直Arch Linuxはこの作業ができないと常用は無理なんじゃないかとさえ思っています。
Arch Linuxを使うにはシェルスクリプトが必須ってはっきりわかんだね)

コメント

  1. kokkiemouse より:

    あとmkinitcpio.confも編集したほういいぞ
    MODULESにnvidia nvidia_modeset nvidia_uvm nvidia_drmを追加すれば幸せになれるので…

タイトルとURLをコピーしました