Arch LinuxでGUIのアプリストアを使う

AlterLinux

こんにちは、山田ハヤオです。

Arch Linuxで使えるGUIのパッケージマネージャのPamacについて紹介します。

スポンサーリンク

Pamacとは

Arch Linux派生の有名なディストリビューションに「Manjaro」があります。Arch Linuxの技術をベースに安定性と簡単さを向上させたものです。

そのManjaroの開発チームが作ったのが「Pamac」です。

PamacはGUIのアプリストアで、コマンドを入力すること無くパッケージの追加や削除を行うことができます。

Manjaro用に開発されましたが、少し手を加えればArch系のOS(AlterやManjaroなど)で動作します。

現にx86_64のAlter Linuxには既にインストールされています。

でも俺CLI派なんだけど

大丈夫です。私もです。

というかArchを使ってる人なんてみんなそんなもんです。

(本末転倒な発言)

Pamacはインストールしておくだけで、パッケージの更新を通知してくれるので、それだけでも便利です。

pamacをインストールしよう

AURからpamacをインストールします。

ただし、AUR上には複数のバージョンのpamacが公開されているので困惑する人も多いと思います。

Flatpakなどの特殊なパッケージも使いたい場合はpamac-all、それ以外の場合はpamac-aurをインストールしましょう。

$ yay -S pamac-aur

使い方

アプリケーションメニューから起動するか、pamac-managerとコマンドを打って起動します。

カテゴリを利用していろんなソフトを追加してみましょう。

不具合が発生したら?

今記事を書いてる2020年1月7日現在の最新バージョン(10.0.4)では問題は発生していませんが、過去の9.xではよく問題が発生していました。

具体的には「カテゴリが空になってしまってパッケージの一覧が表示されない」というあまりにも重大な問題です。

この場合はバグが修正されたパッケージがAURに公開されているのでそちらをインストールします。

$ yay --useask -S archlinux-appstream-data-pamac

Zshを使っている方へ

Zshを使っている場合はPamacのシェル補完を利用できます。

せっかくなのでインストールしましょう。

$ yay -S pamac-zsh-completions

最後に

パッケージの検索もインストールも、全部CLIのほうが柔軟にできるのでそっちのほうが良いと思います(元も子もない発言)

コメント

タイトルとURLをコピーしました