Mi band5を買いたいけど疑い深くて買わなかった男

Tマート店長の日常

povoが結構良さげで期待値マックスなTマート店長です。テザリングはトッピングでもいいから欲しい。


皆様、1月8日に発売になりましたこちらをご存知でしょうか。

Xiaomi Mi スマートバンド5

ごめんなさい、個人的に「Mi band5」と読んでいたので、その表記で続けますね。


Xiaomiが正式に日本に上陸したときに同時発売したMi band4の次世代機です。

当時は圧倒的コスパでグローバル版を輸入するほどの人もいましたが、日本語版で販売してくれたため私も購入しました。

いやもう最高


風呂以外は常に付けてる感じです。逆に学校で怒られないことに驚きました。そりゃスマートウォッチ付けてる先生めっちゃ居るもんね。

春休み明けて3年生になったぞー!ってタイミングでまさかの担任まで買ってましたから。私布教した覚えないのでマジで評価や価格で選んだのでしょうね。


そんな私の人生を24°程曲げてくれたMi band4の次世代機ってなったら、当日中に購入したいですよね。









信用できそうな販売元がねぇ

なんでよ、Miband4のときはAmazon販売Amazon出荷だったってのに、「Wai Mi」だの「Xiaomi公式ショップ」だの、胡散臭さしか無い。

Amazon販売の表示が遅いのかなって思いましたが、全然表示されず・・・





唯一信用できそうな、Wai Mi販売 Amazon出荷で買うかどうか悩みましたが、ここでパチもん掴まされるのも嫌だったのでここはレビューを待つことにし、3連休を過ごしました。



結果、火曜日にはXiaomi公式ショップ販売 Xiaomi公式ショップ出荷しか残ってませんでした。

逃したか・・・?と思いましたが、待った分レビューも増えてました。

Xiaomi Japan公式Twitterのリンク先がこのページなのですが、自称正規代理店のマケプレ業者がいっぱい居すぎて何処から買ったらいいのか分からないこの商品ページの造りは問題です。

「Xiaomi公式ショップ」が本当に公式なのかどうかは結局わかりません。販売業者情報を見ると龍祥コミュニケーションという輸入代理店です。横浜市の出荷代行から発送されました。

販売元Wai Miから買った友人の元にも全く同じ場所から全く同じ商品が発送されました。

つまりどちらで買っても同じです。

結局公式Twitterがアナウンスしたかったのはどちらのことなのかさっぱりわかりません。

届いた商品は2020年12月製造の日韓版BHR4220KRです。
シリアルナンバーを入力したところ本物の小米製品で問題ありません。
技適マークもあります。

https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R34VZO3T1OSS8F



買ってよかったんかい

このレビューにある通り調べてみると、「Xiaomi公式ショップ」は龍祥コミュニケーション株式会社の店舗名とのことで、設立が2020年10月とめちゃくちゃ最近です。

ただ、URLがちゃんと「.co.jp」ってことなのでちゃんと会社らしいです。会社の判断基準おかしいね。

そして、先程確認すると、Xiaomi公式ショップ販売 Amazon出荷と、多分信用できる販売元と確実に信用できる出荷元になってました。



というわけで、買っちゃいました。

次僕がブログを書くとするなら、これのレビューでしょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました