顧問が運転して副顧問はドローンを飛ばして僕は当てられ当てる

Tマート店長の日常

土日の昼寝こそ時間の無駄だと思うけど、かと言ってやりたいことはないTマート店長です。

タイトルわけわかんねぇな()


というわけで先週の火曜日と木曜日にですね、当校の機械研究部が作ってるゼロハンカーの試走が運動場であったんですよ。

ゼロバンカーってのは詳しいことは割愛しますが、フレーム手作りの車体にエンジン載っけて運転する、いわば工業高校っぽいやつの一つです。

第17回全日本高等学校ゼロハンカー大会 – 岡山県高等学校工業教育協会
※写真はイメージです。







え、そんなことなぜパソコン部のお前が書くんだ、だって?確かに機械科と電気科は仲が悪いと言うかほぼ交流が無いのです。




ただね、工業高校ってのは実力至上主義みたいなところがあるんですよ。わかるやつできるやつに人が集まる。このブログを読んでいる方なら「君パソコン得意だよね?これわかる?」みたいな感じで聞かれると思います。それと同じです。

当方パソコン部では、生徒会書記であり機械研究部の優秀なドライバー1言わなくてもわかるだろうけど運転手のほうのノートパソコンのSSD換装を行いました。その縁もあり、今回ゼロハンカーの試走に協力する形となりました。






とか言ってますけど、F1大好きな顧問がドライビングテクニックもあるということでゼロハンカーのテストドライバーになったので「手伝え」って招集がかかっただけなんですけどね()


今回「手伝え」と言われた内容は骨伝導マイクのテストとラップ計測です。

ゼロハンカーってのは揺れが凄いので、ただのマイクだと絶望的です。なので骨の揺れで音を拾う骨伝導マイクを使用して整備側と連絡ができるかどうかのテストを行いました。



後は顧問がExcelのVBAで作った「5台同時記録可能ラップ機能付きストップウォッチ」を実際に使用してみました。

個人的に思うところがあるとするならば、顧問のPC2SurfaceでVBAだと反応が悪いってところですかね。ソフト作ってテキスト出力のほうがタッチでやりやすいとは思います。まあそんな知識持ち合わせてないんですけどね()



顧問がそれほど準備して、私も骨伝導マイクの音を出力する用にブレザーの中にSoundCore2入れてAUX出力できるよう準備してました。


そして、ここからがゼロハンカーと同じぐらい工業高校っぽいことです。






副顧問所有ドローン HS100

価格:1万5000円




ね、工業高校っぽいでしょ?少なくとも普通科じゃないでしょ?




え、19万のドローンはどうしたって?

DJI Mavic 2 Pro

価格:19万7560円(公式ストア)




副顧問に聞くと、「あれは実習用の備品だし、僕は普通科教員3国語や理科などの普通科目担当だから電気科の備品持ち出すのにいろいろ面倒だし、それに20万円は怖くて飛ばせない」と。




確かに20万円だもんな。そりゃ怖いわ。

ちなみにその20万円は情報部部長の先生が色々削って捻出したそうです。ちなみに副顧問は進路指導部兼情報部担当です。直属上司。



というわけで1,5万円ドローンを飛ばすということでペアリングだの機体クルクルだのをして離陸準備。

最初は所有者で慣れている副顧問が操縦。体感無風。




離陸後、すぐに風に煽られホバリング不可、そのまま風に流され、副顧問横に居た私に直撃。









_人人人人人人人人人_
> ドローンが直撃 <
^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄

プロペラカバーがあったのでそんな痛くはなかったですが、まあ驚きますよね。直撃ってことだからドローン自体も落ちちゃってるし。

ちなみに副顧問は「ごめん」の謝罪もなく爆笑してました。離陸前からプロペラカバーが割れてたので多分常習犯です。






ちなみにドローンにも損傷なく普通に飛ばせました。

副顧問曰く、「室内ですら風に煽られたんだからそりゃそうなるな」とか言ってました。DJI買いましょう。


そんなわけでいろいろトラブルがありつつも、通話とタイマー計測と空撮を同時進行で良い感じになりました。

実際の空撮写真

ちなみにこのオレンジの服は顧問の自前でした。多分朝から下に着てたと思う。怪我怖いからね。

空撮中のドローン写真。なんかエモい。



後、副顧問がドローンの他にアクションカムを用意してました。

APEMAN アクションカメラ 4K高画質 2000万画素 HDMI出力 スポーツカメラ 2インチ液晶画面 40M 防水カメラ 170度広角レンズ アクセサリー 多数バイクや自転車や車に取り付け可能 水中カメラ 防犯カメラ ウェアラブルカメラ [メーカー1年保証]
副顧問が買ったものをリンク付き画像にしましたが、販売終了してます。
上位互換品がアクセサリー付きかどうかは説明文をよく読んでください。

たくさんアクセサリーがついて7980円。これは普通に欲しい。

これを自転車用スタンドを使ってゼロハンカーにつけてました。車体の揺れで開始40秒で傾いたことはいわなくてもわかるでしょう。




そんなこんなで骨伝導マイクは良好と判断し、空撮も順調に、アクションカムは編集で角度直せば良いということでパソコン部の仕事は終わりました。

ただ、空撮終わって着陸するときになんかミスってひっくり返ってました。そのときも副顧問は爆笑してました。



後は機械研究部さんをお見送りして僕と副部長と副顧問は顧問の着替えを待ちながら雑談。

学校敷地内なので道交法は適用されません。


なに喋ってたかな・・・なんか喋ってました()


そして顧問と合流したときに突然問題が出されました。


Q,今日運転してたけど、最高心拍数はいくつでしょう。(アップルウォッチ)





いやわかるか

「ピタリなにくれるんすか」と聞くと「まあジュースぐらい奢ったるわ。」と。「まあ僕もまだ見てないんだけどね」と。




対価が安すぎる。




ヒントもくれなかったので適当に答えるしかないですよね。

私は「157」と言いました。周りから「それは高すぎる」と言われちゃいました。

副部長は「134」だったかな。

副顧問は「127」とか言ってた気がします。



そして、「じゃあ見てみますか」と心拍数を見たところ顧問が固まってました。

「ちょいちょい」と副顧問を手で呼んで二人で確認してました。



「157やん」










_人人人人人人人_
> ピ タ リ <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^

笑いが止まりませんでした。そのときすぐに録音してましたが気持ち悪い笑い声してました。

そのときの副顧問は笑わず「そんなことある?」って唖然としてました。


後は外にマスク忘れた顧問が取りに行くときに「(鍵)閉めるなよ」ってフリしてきたのでその扉は鍵閉めて隣の扉を開けておいたりだとかして、コーンポタージュと三ツ矢サイダー奢ってもらいました。





別に強がりじゃないんですけど、こういう恋愛ではなく友達や顧問とのやり取りも青春ですね。だってこうやって笑い合えたりフザケられる大人って先生だけですもん。こういうひとときもあと半年しかないと考えると悲しいですね。大切にしていきたいです。




別に強がりじゃないですけど。

コメント

タイトルとURLをコピーしました