エイリアスでコマンドを短縮しよう

AlterLinux

こんにちは、山田ハヤオです。一番得意が言語がシェルスクリプトなこともあって、Linuxのターミナルはしょっちゅう使います。

突然ですが、あなたはエイリアスを活用していますか?

エイリアスは長いコマンドを短縮できるシェルの機能です。

Lunaeさんが知らなかったのでちょっと解説をしようと思います。

スポンサーリンク

エイリアスとは

SSHなどのいつも使う長いコマンドを短く短縮できる仕組みです。

よく使う例だと、ls -lllのようにできます。

エイリアスを設定する

エイリアスを設定するにはaliasコマンドを使います。

こんな感じで本来は存在しないコマンドをエイリアスによって設定できます。

構文は以下のような感じです。

alias <短縮したコマンド名>='<本来のコマンド>'

本来のコマンドは``で囲まれています。

設定を保存する

しかし、このエイリアス。実はターミナルを閉じると初期化されてしまいます。

なので上のエイリアスコマンドを毎回実行しないといけません。

しかしそんなのはバカらしいので、自動で実行させます。

Bashなら.bashrc、Zshなら.zshrcに追記しましょう。

余談

.bashrc.zshrcとは何なのでしょうか?

似たようなファイルに.bash_profile.zprofileがあります。

これらはログイン時にのみ実行されるスクリプトです。

対してzshrc.bashrcはシェルを起動するたびに実行されます。

詳細はこちらのQiitaの記事を見ると良いでしょう。

エイリアスのみファイルを別に分ける

シェルコマンドのsourceを使うと、関数や変数を別のファイルから読み込むこともできます。

このコマンド、実はエイリアスも読み込むことができるのです!

なのでこれを利用して別のファイルにエイリアスをまとめて書くことができます。

私はいつも.aliasesに書いています。

.bashrc.zshrcに以下のコードを記述しましょう。

if [[ -f ~/.aliases ]]; then
   source ~/.aliases
fi

これは「もし~/.aliasesが存在したら読み込む」というコードです。

これを記述したら~/.aliasesを作成しましょう。

touch ~/.aliases

そして作成したファイルにaliasコマンドを書きましょう。

これでスクリプトを汚すことなくエイリアスを自由に管理することができます。

最後に

シェルスクリプトはこういった部分以外にも様々なところに利用できます。

Windowsのbatと同等と考えたら大間違いです。

これを機にシェルスクリプトを始めてみてはいかがでしょうか?

おまけ

既にAlterLinuxでは~/.aliasesが設定され、エイリアスも設定されています。

これらを参考にするのもいいと思いますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました