記事の鮮度と筆者の技術力

AlterLinux

ゴッドフィールドのアップデートで理不尽な死が増えましたTマート店長です。

本日、Windows10 バージョン2004が公開されましたね。

つまり、正式にWSL2が利用可能となりました。

ならばやることは一つ。





AlterLinux WSL Editionをインストールする。

kokkiemouseさんが作成したAlterLinux WSL Editionを試すしかないじゃないか、と。

そして一切Linuxについてわからない私がブログでレビューしてやろうと。

今回のバージョン2004の目玉はこのWSL2。どんな機能なんだろうと調べた人がこのブログにたどり着き、AlterLinuxを知る。さすれば知名度伸びます。
そしてブログの閲覧数が増えれば広告収入によってサーバーが増強され、水瀬玲音の新しいイラストを外注できるのです。

つまり、







「MicrosoftがWindowsを更新したら水瀬玲音のかわいいイラストが増える」

そういうことです。暴論だってことは自分でもわかってます。

実際このブログってFascodeNetworkの収入源なんですよ。僕がブログを書き、広告収入を得て、イラストレーターさんにイラストを描いてもらう・・





つまりは、

「僕がイラストを描いている」

ってことじゃないですねごめんなさい調子乗りました。

 
 

そういう意味では今回のWSLはビッグウェーブなんです。乗るしか無い。

そんなわけでちゃっちゃとWindows10を2004にしなければと更新アシスタント使って上げました。

上げ終わったら以前ヤンさんが書いてくれた記事を元にインストールです。

そしてインストールの模様がすぐ取れるようにキャプチャソフトも用意してWindows PowerShellを管理者権限で起動。

ここで早速、PowerShellのキャプチャが出来ない問題が発生。キャプチャソフトも管理者権限で立ち上げて解決です。

ちなみにこれがスクショのフォルダです。めっちゃ青い。

まあそんなわけでWSL2のインストールが完了。後はAlterを起動してneofetchが起動するところまでを記事にしようと考えます。

インストール用のフォルダと小ネタを用意してます。

ちなみに内部告発資料のフォルダの中はこれです。

どこまでもネタに走る。それが私です。

まあそんなわけで頑張っていたんですが、




こんな記事を書いている時点で察されているでしょう。







うまくいきませんでした。

私の技術力不足か、Windows10 2004が悪いのか、WSL Editionが悪いのか、おま環1お前の環境だけの略なのか、わかりませんが無理だったのです。

具体的な内容としては、AlterLinuxのインストール中に
「Linux 用 Windowsサブシステム インスタンスが強制終了されました。」と表示され、ユーザー作成ができない。
そのためroot権限しかないが、rootだとneofetchのインストールができない。

的な感じです。

MicrosoftストアからUbuntuをインストールして試しましたが、neofetchのインストールは正常に完了。だが実行するとWindows10側のneofetchが起動するという始末。

Windows10にneofetchを入れている環境が特殊なので多分おま環だと思われます。

 

というわけで今このブログを読んでいるWindows10を使っていてAlterLinux WSL Editionが気になっているそこのあなた!

Windows10 バージョン2004にアップデートしてAlterLinux WSL Editionを試してみませんか?

私には無理だったのです。でもあなたは違う。このブログを読んでいる時点で相当の技術者だと思っています。一般人はこんなブログ読みません。

どうか、私にできなかったことを実現させてみてください。

 
 

参考にこの記事を貼っておきます。

コメント

  1. tukutun より:

    えっまってもしかして命狙われてる?

  2. さたーん より:

    やってやろうじゃねぇかよ!(ドン)

タイトルとURLをコピーしました