禿(ちび)

皆様こんばんは。Tマート店長(以下店長)のリア友のTマートバイトリーダーと申します。
本日はうちの店長がずぼらな性格でレポートがまだ終わってないため、
店長に代わりまして私が筆を執らせていただきます。

先日ふと思ったのですが、背の順の文化があって太っている順の文化が無いっておかしくないですか?
私は身長160cm程しかない禿びだからこそ思ったことかもしれませんが、
この考えが今まで誰も言い出さなかったのはフリーメイソンが裏でメンインブラックしてるに違いない。

経験のある人なら分かると思いますが、背の順で並んだ時、
皆前ならえしてる中、一番前で独りだけ腰に手を当てる虚しさ。
いつも頭の中では森山直太朗のさくらが流れていました。

太っている順の良い点は、基本体の大きい人は後ろなので、禿びで一番前よりかは
虚しくならなくて済むのです。
何なら自分よりも体の小さい人たちを後ろから見れて優越感すら生まれます。

このように太っている順というのは背の順と比べ、悲しい気持ちをする人が生まれません。
この文章が心のノート(忘れがち)に収録されて道徳の授業でクラス皆で音読してる未来をイメージしながらこの文章の締めとさせていただきます。

 

これを読んだデブな僕の気持ちを察してください。 byTマート店長

コメント

タイトルとURLをコピーしました